日本大学医学部 小児科学系 小児科学分野

TEL:03-3972-8111 FAX:03-3957-6186 TEL:03-3972-8111
FAX:03-3957-6186

入局案内

小児科学教室へ入居を希望される方へ

医局員の声

2019年度入局向井 千尋

出身大学
日本大学
初期臨床研修施設
日本大学医学部附属板橋病院

日本大学小児科に入局し、もう1年半が経ちました。
元気に退院していく子供達に元気をもらったり、時には重症例や難しい場面に直面することもありますが、毎日が充実しています。日大の小児科は、大学病院ならではの細分化した専門性があり、各診療班をローテートすることで各分野の上級医から直接指導を受けることができるだけでなく、専門医の症例も満遍なくカバーされています。日々の救急外来だけでなく、東京都で4施設のみのこども救命センターもあり、重症症例の初療・集中治療にも関わることができるのが特徴的です。ここならば小児科医としてバランスよい研修ができるだろうと感じ母校に残ることを決めました。専門医取得や学会発表などの際にも、頼れる優しい先輩や、指導医の先生方に本当に手厚くフォローして頂いており、日々感謝しています。
これは小児科に限りませんが、出身大学にかかわらずとてもオープンな校風で、雰囲気が良いのも母校の良いところと認識しています。
入局先や進路に迷ったらぜひ、一度見学にいらしてください。お待ちしてます!

2019年度入局笠井 優香

出身大学
日本医科大学
初期臨床研修施設
済生会宇都宮病院,
日本医科大学付属病院

「日大小児科が少しでも気になるかも」そんな感じでここを見てくださった方、ありがとうございます。小児科になることを決めた上でどこで研修しようか迷っているけれどなにが違うのか、どこがいいのか結局よくわからないなぁというのが正直なところというのが過去の私です。日大小児科の特徴はたくさんありますが強調したいところは二つあります。
一つ目は各診療班がそろっていることです。これは大変大きな問題で、揃っていない研修施設はたくさんあります。診療班がそこにないということは興味をもつきっかけも格段に減ってしまうということです。小児科のいいところの一つは小児科の中でたくさんの専門があるところです。それが基本的に揃っているのが日大小児科です。しかも数カ月単位でロ―テートすることができる施設は他にありません。慣れてきたかなーくらいのお客様状態で次の診療班へということはありません。はじめのうちはよくわからなくても数カ月まわれば緊張感を持ったままいい意味で慣れてきて、興味や疑問がわくようになります。そのような体験ができるというのは結構貴重なことといえます。
二つ目は外勤があるということです。外勤は小児科1年目から週一回担当することができますが、非常に勉強になります。大学では上の先生が担当している外来ですが外勤先では自分が外来の席に座って患者さんと向き合うことができます。もちろん上の先生に質問があれば遠慮なくすることができますし、責任感がより一層高まることとなります。日大小児科は自由度が高く、大学での研修期間が長いですが、それなりに専門性のたかいことを自分で考えてできるようになる研修環境だと思います、興味を少しでも持ってくださったら是非一度見学にいらしてください。

2019年度入局大澤 大和

出身大学
日本大学
初期臨床研修施設
沼津市立病院

小児科は小児の総合診療科であり、様々な疾患を見ることになります。辛く、無力と感じることもありますが、色々なことを考え勉強しながら、診療を進めていくことは面白くやりがいを感じられると思います。また健康な子供を見る機会も多く、ワクチン接種など健康維持の点で医療に関われることも魅力の一つです。私は小児科に進んでから1年しか経っていませんが、1年で今までの人生で会った数を大きく超える子供たちと接してきたと思います。それぞれに特徴があり、それを考えた診療が必要です。このような経験は小児科以外の科では得られないと思っています。

2019年度入局大海 なつき

出身大学
日本大学
初期臨床研修施設
日本大学病院

日本大学小児科に入局し、あっという間に1年が経ちました。研修医時代に日本大学の小児科を回った際に、どのグループも雰囲気がよく、先生方がとても熱心に指導してくださったこと、また入局後のローテートに魅力を感じたことから、日本大学小児科に入局することに決めました。入局してまだ1年ですが、一般的な症例から専門性の高い症例、さらには3次救急を経験させていただき、少しずつですが自分の力になっていることを実感しています。困ったことがあれば、常に上級医の先生に相談できる環境も魅力のひとつです。同期も多く、同期とも切磋琢磨し充実した日々を過ごしています。みなさんにも、日本大学小児科の雰囲気を体感していただきたいので、是非一度いらしてみてください。心よりお待ちしております。

2019年度入局貴志 伊純

出身大学
日本大学
初期臨床研修施設
日本大学病院

入局して早2年目となりました。日本大学小児科は2年間の間に細分化された各グループを回り、大学病院ならではの専門的な疾患を勉強することができます。それだけではなく、一般疾患、時には3次救急の重症疾患まで幅広く経験することができます。指導して下さる先生方は優しく、指導熱心な先生ばかりで、分からないことや初めてで不安なことがあれば気兼ねなく相談できる環境で働かせてもらっています。グループは分かれていても、グループの垣根を越えて相談しあえる雰囲気も魅力的です。また、専門医取得に向けての症例レポートや論文などの指導も手厚く、安心して準備をすすめることができます。
私は幅広い疾患を経験できること、医局の温かい雰囲気に惹かれて日本大学小児科に入局を決めましたが、働き始めてからもその印象はかわりません。尊敬できる上級医の先生方、頼れる同期・後輩と共に充実した毎日を送っています。今入局を迷っている皆様、ぜひ一度見学にいらして下さい。心よりお待ちしています。

2019年度入局佐藤 優希

出身大学
日本大学
初期臨床研修施設
川口市立医療センター

日本大学小児科に入局から早くも1年半が経過しました。日大のプログラムははじめの2年間大学でしっかり研修を積んだ後に関連病院で自分が主体となり治療を行えるようになっています。現在、大学の各診療班で専門性の高い疾患から当直では一般疾患まで見ることができ、満遍なく経験することができます。
大学では臨床だけではなく、症例発表や抄読会、論文作成なども行っています。上級医の先生方もとても優しいため質問しやすいです。当直は上級医の先生と一緒なので不安なく当直することができます。
また、今年度から千葉こども病院に循環器疾患を勉強しに行くことができるようになりました。大学にいても中々経験できないような珍しい先天性心疾患を勉強することができます。
とても雰囲気がよく、仕事がしやすい環境ですので、ぜひ見学に来てください。
一緒に働けることを楽しみにしています。