日本大学医学部 小児科学系 小児科学分野

TEL:03-3972-8111 FAX:03-3957-6186 TEL:03-3972-8111
FAX:03-3957-6186

入局案内

小児科学教室へ入居を希望される方へ

教育体制

#こども救命班の教育体制

研修期間

板橋病院勤務中通年

指導医

武藤智和

研修期間中に学ぶ事(手技も含む)

01BLS、PALSに則った心肺蘇生、二次救急医療ができる。

02各種バイタルサインの変容を把握し、適切な介入ができる。

03気管挿管の適応を理解し、前投薬の種類、投与量のほか、使用する気管チューブのサイズ、挿入長につき体重や年齢から想定し確実な気道確保ができる。

04一般的な末梢静脈路確保に加え、骨髄路、中心静脈(鼠径から)確保ができる。

05脳炎、脳症など、痙攣疾患への初期対応ができる。

06気管支喘息大発作に対する集中管理ができる。

07アナフィラキシーへの対応ができる。

08クループ症候群など上気道の気道緊急に対応できる。

09急性期の血液浄化療法の適応を理解し、設定を指示できる。

10小児の全ての病態、事故に対し初期対応ができる。

11虐待が疑われる児に対する諸検査、各部署への連絡、家族への対応ができる。