日本大学医学部小児科学系小児科学教室

腎臓班

研究活動の方針と実績

私たちは自施設で得られた新たな知見と貴重な経験を、この領域で活動する多くの方と共有したいと考えています。最近3年間(2014.4-2016.4)の実績を下記に示します。

英文

  1. Ishikura K, Matsumoto S, Sako M, Tsuruga K, Nakanishi K, Kamei K, Saito H, Fujinaga S, Hamasaki Y, Chikamoto H, Ohtsuka Y, Komatsu Y, Ohta T, Nagai T, Kaito H, Kondo S, Ikezumi Y, Tanaka S, Kaku Y, Iijima K. Clinical practice guideline for pediatric idiopathic nephrotic syndrome 2013: medical therapy. Clin Exp Nephrol 19:6-33, 2015.
  2. Kaku Y, Ohtsuka Y, Komatsu Y, Ohta T, Nagai T, Kaito H, Kondo S, Ikezumi Y, Tanaka S, Matsumoto S, Sako M, Tsuruga K, Nakanishi K, Kamei K, Saito H, Fujinaga S, Hamasaki Y, Chikamoto H, Ishikura K, Iijima K. Clinical practice guideline for pediatric idiopathic nephrotic syndrome 2013: general therapy. Clin Exp Nephrol 19:34-53, 2015.
  3. Saito H, Tagawa M, Takahashi Y, Morimoto T, Takahashi S: Efficacy of PMX-DHP for non-endotoxin-associated severe septic shock. Pediatr Int. 2016 Apr 6. doi: 10.1111/ped.13002. [Epub ahead of print]
  4. Saito H, Takahashi S: Renal vasculitis. Pediatric Kidney Disease 2nd Edition, Springer, USA, 2016(分担・共著)(In printing)

和文

  1. 齋藤 宏:蛋白尿陽性のネフローゼ症候群患者には高タンパク食を出す? 小児内科 46:1560-1561,2014.
  2. 齋藤 宏:急性腎障害. 小児疾患診療のための病態生理2 改訂5版.小児内科増刊号 47:616-623,2015.
  3. 齋藤 宏:Dent病.今日の小児治療指針 第16版.編集 水口 雅、市橋 光、崎山 弘. pp630-631、医学書院、東京、2015(分担・共著)

専門医採用枠について

当医局では小児科専攻医について
13名の定員を設けております。
平成30年度の専攻医研修プログラムは現在当ホームページで掲載しております。
専攻医の募集は10月1日から
開始予定です。
(2017.9.10)

高フェニルアラニン血症

高フェニルアラニン血症の鑑別診断の為のBH4供給申請はこちらよりお申込みいただけます。
供給申請のページへ

PAGETOP