日本大学医学部小児科学系小児科学教室

循環器班

研究活動の方針と実績

私たちは自施設で得られた新たな知見と貴重な経験を、この領域で活動する多くの方と共有したいと考えています。このため、個人情報と倫理上の問題が発生しないよう、病院及び大学の審査委員会(IRB)で承認を受けた後に、論文作成や学会発表を行い、医学の進歩に貢献する方針です。最近5年間(2011.4-2016.3)の実績(小児科分野で筆頭著者、及び責任著者となっている論文のみ)を下記に示します。

原著論文

  1. Kanamaru H, Kimijima S, et.al: Pediatric cardiac computed tomography -Focusing on pediatric coronary computed tomographic angiography-.日本小児放射線学会雑誌 27: 18-29, 2011.
  2. Noto N, Okada T,et.al: Changes in the textural characteristics of intima-media complex in young patients with familial hypercholesterolemia: implication for visual inspection on B-mode ultrasound. J Am Soc Echocardiogr: Apr 24(4):438-43,2011.
  3. Ichikawa R, Sumitomo N, et.al: The follow-up evaluation of electrocardiogram and arrhythmias in children with fulminant myocarditis., Circ J, 75 : 932-938, 2011.
  4. Sumitomo N: Are there juvenile and adult types in patients with catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia? Heart Rhythm,8(6): 872-3, 2011.
  5. Noto N, Okada T, et. al: Characteristics of earlier atherosclerotic involvement in adolescent patients with Kawasaki disease and coronary artery lesions: significance of gray scale median on B-mode ultrasound. Atherosclerosis.: 222(1):106-9, 2012.
  6. Okada T,et.al: Large high-density lipoprotein cholesterol at birth and its early postnatal change. J Clin Lipidol Sep-Oct 7(5):531-2,2013.
  7. Abe Y, Sumitomo N, et al: Successful control of life-threatening polymorphic ventricular tachycardia by radiofrequency catheter ablation in an infant. Heart Vessels: 29 : 422-426, 2014.
  8. Sumitomo N: E1784K mutation in SCN5A and overlap syndrome. Circ J: Jun 78(8): 1839-40,2014.
  9. Noto N, Kamiyama H, Karasawa K, Ayusawa M, Sumitomo N, Okada T, Takahashi S.: Long-term prognostic impact of dobutamine stress echocardiography in patients with Kawasaki disease and coronary artery lesions: a 15-year follow-up study.J Am Coll Cardiol: Feb 4;63(4):337-44, 2014.
  10. Okada T, et.al: Early postnatal alteration of body composition in preterm and small-for-gestational-age infants: implications of catch-up fat. Pediatric Res Jan 77(1-2):136-42,2015.
  11. Noto N, Kato M, et al: Reassessment of carotid intima-media thickness by standard deviation score in children and adolescents after Kawasaki disease. Springerplus: Sep 4;4:479, 2015.
  12. Abe Y, Okada T, et.al: Reference Ranges for the Non-High-Density Lipoprotein Cholesterol Levels in Japanese Children and Adolescents. J Atheroscler Thromb, 22(7) : 699-75,2015.
  13. Watanabe H, et.al: Potentially fatal arrhythmias in two cases of adult Kawasaki disease. Cardiology in the Young:1: 1-3, 2015.
  14. 阿部 百合子, 鮎沢 衛, et.al:学校管理下における肥大型心筋症による心事故発生状況の変化. Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery 31:240-45,2015
  15. Watanabe H, et.al: Idiopathic pulmonary hemosiderosis complicated by Down syndrome. Pediatr Int. Oct; 57(5): 1009-12,2015.
  16. Sumitomo N, Clinical Features of Long QT Syndrome in Children. Circ J:Feb 25;80(3):598-600,2016.
  17. Yanagisawa D, Ayusawa M, et.al: The factors affecting NT-proBNP elevation in the acute phase of Kawasaki disease. Pediatr Int. :17. [Epub ahead of prin t],2016.

総説/解説

  1. 金丸 浩:【川崎病遠隔期の諸問題】川崎病における最新の画像診断. 循環器内科 69(4): 377-386, 2011.
  2. 鮎沢 衛:【ライフスパンからみた小児科診療】 冠動脈後遺症をもつ川崎病, 小児内科43(9)1494-98,2011.
  3. 金丸 浩, 唐澤賢祐:【川崎病の本態にせまる〜古くて新しい研究から〜】心筋シンチグラフィ.小児科診療 74(8): 1149-1155, 2011.
  4. 金丸 浩:【小児医療における診断・治療の進歩】冠動脈CT最前線. 小児科 52(12): 1635-1642, 2011.
  5. 神山 浩:【特集:必携・小児の心エコーガイド〜入門から専門まで〜】川崎病. 小児科診療 75(6): 1071-1080, 2012.
  6. 鮎沢 衛: 病気のはなし 川崎病. 検査と技術40巻9号 P. 772-777, 2012.
  7. 鮎沢 衛:【小児循環器疾患の診断と治療Update】 心臓突然死の実態からみた小児診療時の留意点「学校心臓検診結果と学校管理下事例報告に基づく考察」.小児科臨床65巻7号 P.1601-1610, 2012.
  8. 鮎澤 衛:【各科臨床のトピックス】学校心臓検診の現状と課題. 日本医師会雑誌第141巻;第7号, p.1534−1536、2012.
  9. 鮎澤 衛:学校保健における突然死対策の現況と課題【講習会・平成24年度学校保健講習会 シンポジウム・今日の学校保健の課題-健康診断を中心に】.日本医師会雑誌 142巻;第4号, p.816-818, 2013.
  10. 神山 浩:【負荷試験の実際2013】小児心臓核医学検査薬物負荷試験の実際.小児内科 45(5): 1008-1011, 2013.
  11. 中村 隆広, 神山 浩, 唐澤 賢祐: 負荷心筋血流イメージング. 小児科診療 第76巻; 増刊号【理解して出そう小児の検査 】308-314,2013.
  12. 鮎沢 衛: 【症例から学ぶ川崎病の診断・治療・管理のエッセンス】 急性期の診断のエッセンス. 小児科診療 78(3) 【典型例を正しく診断する(解説/特集)】299-305, 2015.
  13. 飯田亜希子, 鮎沢 衛: 【おなかが痛い】 ピンポイント小児医療 腹痛が主訴となる特殊な病態 循環器疾患.小児内科47(1) p.102-106,2015.
  14. 小森 暁子, 能登信孝: 特集/画像診断-はじめに何をどう読むか?頚部腫瘤.小児内科47(6),843-845,2015.
  15. 小森 暁子: Barth症候群.小児科診療 第79巻; 増刊号 【小児の症候群】146,2016.

著書

  1. 中村隆広,住友直方:薬物療法とカテーテル治療,EBM小児疾患の治療 2011-2012,Ⅱ.循環器 EBMに基づく小児不整脈治療,pp112-119,中外医学社, 東京, 2011
  2. 金丸浩:【小児の画像診断】心大血管のCT -適応と撮影法-. 小児科臨床ピクシス22巻, pp.129-138, 中山書店,
  3. 金丸浩, 住友 直方:就学・学校生活での注意事項.ペースメーカ・ ICD・ CRT/CRT-D〜トラブルシューティングからメンタルケアまで〜, pp.222-227, メジカルビュー社, 2012.
  4. 鮎沢衛, 唐澤賢祐, 能登信孝, 神山浩:改訂5版 患者と家族のための川崎病Q&(株)ライフサイエンス,2013.7
  5. 中村 隆広 : I 総論 A 診断のアプローチ失神, はじめて学ぶ小児循環器, pp.24-33, II各論 A 先天性心疾患 2.心房中隔欠損,はじめて学ぶ小児循環器, pp.44-49, (三浦 大 編 東京都立小児総合医療センター),診断と治療社, 2015.4

研究報告書

  1. 鮎沢 衛:全国調査成績に基づく川崎病の免疫グロブリン静注療法と心合併症の経時的推移.厚生労働科学研究費補助金 医療技術実用化総合研究事業 臨床研究・予防・治療技術開発研究事業 重症川崎病患者に対する免疫グロブリン・ステロイド初期併用投与の効果を検討する前方視的無作為化比較試験(研究代表者:佐地 勉、H20-臨床研究-一般-008) 平成23年度総括研究報告書 p.68-75, 平成24年4月
  2. 鮎沢 衛:厚生労働科学研究費補助金 医療技術実用化総合研究事業 臨床研究・予防・治療技術開発研究事業 重症川崎病患者に対する免疫グロブリン・ステロイド初期併用投与の効果を検討する前方視的無作為化比較試験(研究代表者:佐地 勉、H20-臨床研究-一般-008) 平成20−23年度総合研究報告書 p.142149, 平成24年4月

専門医採用枠について

当医局では小児科専攻医について
13名の定員を設けております。
平成30年度の専攻医研修プログラムは現在当ホームページで掲載しております。
専攻医の募集は10月1日から
開始予定です。
(2017.9.10)

高フェニルアラニン血症

高フェニルアラニン血症の鑑別診断の為のBH4供給申請はこちらよりお申込みいただけます。
供給申請のページへ

PAGETOP