日本大学医学部小児科学系小児科学教室

小児精神・神経班

研究活動の方針と実績

わたしたちは自施設で得られた新たな知見と貴重な経験を、この領域で活動する多くの方と共有したいと考えています。最近5年間の実績(2011.1-2015.12)を下記に示します。

英文論文

  1. Sonoko Kubota, Tatsuo Fuchigami, Wakako Ishii, Yuki Kawamura, Yayumi Kamiyama, Ayumi Fukuda, Ryutaro Kohira, Momoko Takahashi, Yukihiko Fujita, Shori Takahashi. A 3-year-old girl with Wernicke’s encephalopathy due to a severely unbalanced diet. Neurology Asia 20: 95-99, 2015.
  2. Yuki Kasuga, Tatsuo Fuchigami, Ayumi Fukuda, Satoko Takahashi, Takemi Murai, Ryuuta Yonezawa, Michio Miyashita, Ryutaro Kohira, Yukihiko Fujita, Shori Takahashi. Acute focal bacterial nephritis associated with central nervous system manifestations: A report of 2 cases and review of the literature. Pediatric emergency Care [in press], 2015.
  3. Fumie Hanzawa, Tatsuo Fuchigami, Wakako Ishii,Sonoko Nakajima, Yuki Kawamura, Ayumi Endo, Chikako Arakawa, Ryutaro Kohira, Yukihiko Fujita, Shori Takahashi. A 3-year-old boy with Guillaine Barré syndrome and encephalitis associated with Mycoplasma pneumoniae infection.J Infect Chemother 20:134-138, 2014
  4. Chikako Arakawa, Yukihiko Fujita, Tatsuo Fuchigami, Yuki Kawamura, Wakako Ishii, Ayumi Endo, Ryutaro Kohira, Shori Takahashi. Affinity for music in Wolf-Hirschhorn syndrome: Two case reports.Pediatric Neurology 51: 550-552, 2014.
  5. Endo A, Fujita Y, Fuchigami T, Takahashi S, Mugishima H, Sakatani K: Changes in Cerebral Blood Oxygenation Induced by Active Standing Test in Children with POTS and NMS. Adv Exp Med Biol 812; 253-61,2014.
  6. Tatsuo Fuchigami, Kosei Goto, Maki Hasegawa, Katsuya Saito, Tomoko Kida, Koji Hashimoto, Yukihiko Fujita, Yasuji Inamo, Mitsutaka Kuzuya: A 4-year-old girl with clinically mild encephalopathy with a reversible splenial lesion associated with rotavirus infection. Journal of Infection and Chemotherapy 19: 149-153, 2013.
  7. Endo A, Fujita Y, Fuchigami T, Takahashi S, Mugishima H: Side Effects of Antiepileptic Drugs on Renal Tubular Function in Childhood onset Epilepsy. J Nihon Univ Med ASS 71: 248-251, 2012;
  8. Endo A, Fuchigami T, Fujita Y, Mugishima H: Relationship between Migration and Outcome in Childhood Epilepsy Using Dipole Analysis. Hong Kong J Paediatr; 17: 167-173. 2012.
  9. Noriko Tomio, Tatsuo Fuchigami, Yukihiko Fujita, Osami Okubo, Hideo Mugishima: Developmental changes of visual mismatch negativity in children. Neurophysiology 44(2): 138-143, 2012.
  10. Kaori Kimura, Tatsuo Fuchigami, Wakako Ishii, Yuki Imai, Satomi Tanabe, Remi Kuwabara, Yukihiko Fujita, Hideo Mugishima, Katsuo Aoki: Mumps-virus-associated clinically mild encephalopathy with a reversible splenial lesion. International Journal of Clinical Pediatrics 1: 124-128, 2012.
  11. Tatsuo Fuchigami, Emiko Momoki, Maki Hasegawa, Yuki Imai, Ayako Nakamura, Katsuya Saito, Teruaki Ishikawa, Chikako Arakawa, Koji Hashimoto, Yukihiko Fujita, Yasuji Inamo, Hideo Mugishima: Febrile seizures with pandemic (H1N1) 2009 virus infection. International Journal of Clinical Pediatrics 1: 55-62, 2012.
  12. Tatsuo Fuchigami, Yuki Imai, Maki Hasegawa, Wakako Ishii, Ayumi Endo, Chikako Arakawa, Ryutaro Kohira, Koji Hashimoto, Yukihiko Fujita, Yasuji Inamo, Hideo Mugishima: Acute encephalopathy with pandemic (H1N1) 2009 virus infection. Pediatric Emergency Care 28: 998-1002, 2012.
  13. Ayumi Endo, Tatsuo Fuchigami, Maki Hasegawa, Koji Hashimoto, Yukihiko Fujita, Yasuji Inamo, Hideo Mugishima: Posterior reversible encephalopathy syndrome in childhood: report of four cases and review of the literature. Pediatric Emergency Care 28: 153-157, 2012.
  14. Arakawa C, Endo A, Kohira R, Fujita Y, Fuchigami T, Mugishima H, Ohtake A, Murayama K, Mori M, Miyata R, Hatai Y. Liver-specific mitochondrial respiratory chain complex I deficiency in fatal influenza encephalopathy. Brain Dev 34: 115-117, 2012.
  15. Yuki Imai, Wakako Ishii, Ayumi Endo, Chikako Arakawa, Ryutaro Kohira, Yukihiko Fujita, Tatsuo Fuchigami, Hideo Mugishima: Tipepidine hibenzate intoxication, Pediatrics International 55: 779–781, 2011.
  16. Arakawa C, Fujita Y, Imai Y, Ishii W, Kohira R, Fuchigami T, Mugishima H, Izumi H, Kuzuya M. Detection of group a rotavirus RNA and antigens in serum and cerebrospinal fluid from two children with clinically mild encephalopathy with a reversible splenial lesion. Jpn J Infect Dis. 64: 204-7, 2011
  17. Yukihiko Fujita, Yuki Imai, Wakako Ishii, Ayumi Endo, Chikako Arakawa, Ryutaro Kohira, Tatsuo Fuchigami, Osami Okubo, Hideo Mugishima: Improvement of intractable childhood epilepsy following acute viral infection. Brain & Development 33: 62- 68, 2011.
  18. Hiroki Hasumi, Yayumi Kamiyama, Shinjiro Nakasora, Yasuhito Yamamoto, Mitsuhiko Hara, Yukihiko Fujita: Cerebrospinal fluid and serum levels of vitamin B6 in status epilepticus children. Brain & Development 33: 580-588, 2011

和文論文

  1. 河村由生, 藤田之彦,桃木恵美子, 石井和嘉子, 遠藤あゆみ, 荒川千賀子, 小平隆太郎, 渕上達夫,高橋昌里:小児神経疾患における入院長期化の要因. 日本小児科学会雑誌 118巻11号:1657-1662, 2014
  2. 渕上達夫:注意の発達とその障害—精神遅滞児における事象関連電位の検討—. 認知神経科学16: 41-47, 2014.
  3. 石井和嘉子, 藤田之彦,桃木恵美子, 河村由生, 遠藤あゆみ, 荒川千賀子, 小平隆太郎, 渕上達夫, 麦島秀雄:小児期発症の難治てんかんに対するlamotrigineの臨床効果と薬物動態.脳と発達46巻1号:16-21,2014
  4. 神山八弓, 渕上達夫, 藤田之彦, 石井和嘉子, 遠藤あゆみ,吉野弥生, 麦島秀雄:アスペルガー障害を背景とした摂食障害に上腸間膜動脈症候群を併発した1男児例. 子どもの心とからだ22:204-209, 2013
  5. 遠藤あゆみ,藤田之彦,麦島秀雄,酒谷薫:小児起立性調節障害 最新の知見 小児起立性調節障害(OD)の起立試験における脳血流・脳酸素代謝に関する検討. 自律神経49:194-196,2012
  6. 藤田之彦, 遠藤あゆみ, 麦島秀雄: 小児起立性調節障害 最新の知見小児起立性調節障害(OD)におけるsmall heartに関する研究. 自律神経49:197-199,2012
  7. 藤田之彦, 橋本 修, 竹内 仁, 相馬正義, 亀井 聡, 相澤 信, 片山容一. 日本大学医学部における26年間の医学教育セミナーとワークショップを振り返って. 日大医誌.71 (3): 184-189, 2012.
  8. 田中英高, 藤田之彦, 石谷暘男, 梶原荘平, 増谷聡, 松島礼子, 塩川宏郷, 竹中義人, 汐田まどか, 石崎優子, 梶浦貢, 小柳憲司, 本多和雄:小児起立性調節障害診断・治療ガイドラインに対する評価. 子どもの心とからだ 21 (1): 219-222, 2012.
  9. 田中英高, 梶浦貢, 山口仁, 竹中義人, 藤田之彦: 小児起立性調節障害のスクリーニングチェックリストに関する検討. 子どもの心とからだ 21 (1): 166-171, 2012.
  10. 冨尾則子, 渕上達夫, 藤田之彦, 大久保修, 麦島秀雄: 精神遅滞児における視性ミスマッチ陰性電位の有用性について.日大医誌.71 (6): 418-423, 2012.
  11. 羽生政子, 荒川千賀子, 石井和嘉子, 遠藤あゆみ, 渕上達夫, 藤田之彦, 麦島秀雄:RSウイルス感染症の経過中に横紋筋融解症を発症した重症心身障害児の1例. 小児感染免疫 23: 17-21, 2011.
  12. 遠藤あゆみ, 木村育子, 今井由生, 石井和嘉子, 荒川千賀子, 小平隆太郎, 渕上達夫, 藤田之彦,麦島秀雄:焦点推定に双極子追跡法が有用であった小児難治性てんかんの一例. 日大医誌 70: 102-106, 2011.

総説

  1. 窪田園子, 渕上達夫, 大橋研介:研修医のためのクリニカルクイズ [第152回] 症例: 13歳 男児, 主訴: 反復する腹痛・嘔気・嘔吐. 小児内科 47: 1701-1703, 2015.
  2. 木村かほり, 藤田之彦:「てんかんの日常生活の注意点」てんかん患者の日常生活指導. 小児内科 47: 1525-1530, 2015.
  3. 河村由生, 渕上達夫:「小児で重要なてんかん症候群」小児欠神てんかん. 小児内科 47: 1600-1603, 2015.
  4. 荒川千賀子:「てんかんとの鑑別が必要な発作性疾患」ウイルス性胃腸炎に伴うけいれん. 小児内科 47: 1664-1666, 2015.
  5. 藤田之彦, 桃木恵美子:「画像診断—はじめに何をどう読むか?」やせ−神経性無食欲症(神経性やせ症)を中心に—. 小児内科 47: 791-798, 2015.
  6. 渕上達夫:「言語発達」言語発達の遅れの考え方. 小児内科 46: 1596-1599, 2014.
  7. 伊藤公嗣, 渕上達夫:「けいれん・意識障害への救急対応」患者が到着した。さあ何から始めるか. 小児内科 46: 1136-1138, 2014.
  8. 桃木恵美子, 渕上達夫:「けいれん・意識障害への救急対応」けいれん重積・意識障害を起こす疾患は何を考えるか. 小児内科 46: 1133-1135, 2014.
  9. 中島園子, 渕上達夫:「けいれん・意識障害への救急対応」救急室への連絡と準備すること. 小児内科 46: 1131-1132, 2014.
  10. 渕上達夫:「けいれん・意識障害への救急対応」家族, 救急隊からの連絡があったとき何を聞くか. 小児内科 46: 1129-1130, 2014.
  11. 福田あゆみ, 木村かほり: 意識・意識障害の定義. 小児内科 46: 1255-1257,2014
  12. 伊藤公嗣, 荒川千賀子, 渕上達夫:研修医のためのクリニカルクイズ [第137回] 症例: 3歳 男児, 主訴: 発熱, 嘔吐, 下痢, 意識障害. 小児内科 46: 705-706, 2014.
  13. 藤田之彦, 遠藤あゆみ, 神山八弓:「子どもの不定愁訴」起立性調節障害の病態, 脳血流の変化. 小児科学レクチャー 4:82-87, 2014.
  14. 渕上達夫:「子どもの不定愁訴」難治性ケースの専門医への紹介はどうすればよいか. 小児科学レクチャー 4:164-169, 2014.
  15. 鈴木涼子, 二俣 泉, 渕上達夫:「子どもの心の発達に対する支援」音楽療法とはどのようなことをするのですか どのような効果がありますか. 小児内科 45: 1480-1483, 2013.
  16. 遠藤あゆみ, 渕上達夫:「特異な病態を呈する脳炎・脳症・髄膜炎」可逆性後部白質脳症症候群. 小児内科45:381-384, 2013.
  17. 荒川千賀子 藤田之彦:「特定の病原体による脳炎・脳症・髄膜炎」ロタウイルスによる脳炎・脳症. 小児内科45:283-286, 2013.
  18. 渕上達夫:[クローズアップ在宅医療を始めるために] 序—小児在宅医療の基礎知識. 小児内科 45:1204-1205, 2013.
  19. 藤田之彦, 神山八弓, 遠藤あゆみ:[小児の痛みについて考える]小児神経と痛み 神経調節性失神(血管迷走神経失神).小児科臨床66:2497-2502, 2013.
  20. 桃木恵美子, 藤田之彦:[クローズアップ 小児リウマチ・膠原病] <臓器別診断へのアプローチ> 中枢神経系 けいれん、意識障害、精神障害、運動麻痺などから診断へ. 小児内科44 (1): 63-66, 2012.
  21. 藤田之彦: 小児の痛みの特徴とその対応. ペインクリニック 33: 771-777, 2012.
  22. 藤田之彦:起立性調節障害と心身症. チャイルドヘルス 16(7): 41-44, 2013
  23. 今井由生, 渕上達夫:「救急外来—症候からの対応」けいれん. 小児内科 44: 448-450, 2012.
  24. 日吉一夫, 藤田之彦, 渕上達夫:[クローズアップ 発達障害]〈気になる症状・行動から診断への流れ-年齢別に考える〉1歳6か月までの場合. 小児内科44: 705-709, 2012.
  25. 渕上達夫:[クローズアップ 発達障害] 序—「障害」と「障がい」〜Disease, Disorder, Disabilityの考え方. 小児内科44: 668-670, 2012.
  26. 渕上達夫:「近年における精神医学の進歩—生物学的な側面から」発達障害. 日大医学雑誌 71: 390-395, 2012.
  27. 渕上達夫:[小児疾患の診断治療基準 第4版] 知的障害(精神遅滞). 小児内科44 増刊号:764-765, 2012.
  28. 鈴木涼子, 二俣 泉, 渕上達夫:[疑問解決 小児の診かた] 発達障害児への音楽療法とはどのようなものですか. 小児内科 43 増刊号: 867-869, 2011.
  29. 富尾則子, 渕上達夫: [疑問解決 小児の診かた] 吃音への対処法を教えてください. 小児内科 43 増刊号: 852-854, 2011.
  30. 荒川千賀子, 渕上達夫: [疑問解決 小児の診かた] 腰椎穿刺を行う前に頭部CTは必ず必要ですか. 小児内科 43 増刊号: 296-297, 2011.
  31. 渕上達夫:「最新の脳科学」事象関連電位からみた小児の認知発達. 日大医学雑誌 70: 173-178, 2011.
  32. 渕上達夫:[現代を生きる子どもたちー小児科医に求められる対応] 序—キレる子どもたち. 小児内科43: 816-818, 2011.
  33. 渕上達夫:「けいれん重積への救急対応」家族, 救急隊から連絡があったとき何を聞くか. 小児内科 43: 289-290, 2011.
  34. 渕上達夫:「けいれん重積への救急対応」救急室への連絡と準備すること. 小児内科 43: 291, 2011.
  35. 石井和嘉子, 渕上達夫:「けいれん重積への救急対応」けいれん重積を起こす疾患は何を考えるか. 小児内科 43: 292-294, 2011.
  36. 今井由生, 渕上達夫:「けいれん重積への救急対応」患者が到着した。さあ 何からはじめるか. 小児内科 43: 295-296, 2011.
  37. 今井由生, 渕上達夫:「けいれん重積への救急対応」来院時,けいれんが止まっているときにはどう対応するか. 小児内科 43: 356, 2011.
  38. 遠藤あゆみ:意識障害の種類と意識レベルの判定.小児内科43  :457-459, 2011

著書

  1. 渕上達夫:P300(小児脳機能研究会 編集). 愉しく学ぼう小児の臨床神経生理 -ベッドサイドで役立つ見方・考え方-, pp. 108-114, 診断と治療社, 東京, 2015
  2. 藤田之彦, 渕上達夫:横断性脊髄炎.免疫症候群(第2版)—その他の免疫疾患を含めて- Ⅰ 別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ34, pp. 31-35, 日本臨牀社, 大阪, 2015
  3. 渕上達夫:ヘノッホ・シェーンライン紫斑病.神経症候群(第2版)—その他の神経疾患を含めて- Ⅱ 別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ27, pp. 655-658, 日本臨牀社, 大阪, 2014

専門医採用枠について

当医局では小児科専攻医について
13名の定員を設けております。
平成30年度の専攻医研修プログラムは現在当ホームページで掲載しております。
専攻医の募集は10月1日から
開始予定です。
(2017.9.10)

高フェニルアラニン血症

高フェニルアラニン血症の鑑別診断の為のBH4供給申請はこちらよりお申込みいただけます。
供給申請のページへ

PAGETOP