日本大学医学部小児科学系小児科学教室

循環器班

診療方針

  • 日本大学医学部附属板橋病院における小児循環器グループでは、主に胎児期から小児期に発症した心疾患と成人先天性心疾患を対象に診療を行っております。
  • 診断には、心疾患の種類に応じて、心臓超音波(経胸壁エコー、経食道エコー)法、核医学、MRI検査、マルチスライスCTなど、より侵襲(痛みや出血を伴う処置)の少ない方法で画像診断を行います。さらに詳細な画像が必要な場合は、入院をしていただき心臓カテーテル法も行ないます。
  • 先天性心疾患の管理は、胎児期から成人まで長期フォローアップを行っています。産科との協力のもと、胎児心エコー法によって、胎児の心疾患に対する診断と適切な対応を行います。出生後は心臓血管外科の協力のもと適切な管理・治療を提供しています。
  • 川崎病に対する最新の検査と治療によって、急性期の乳幼児から、長期経過後の成人まですべての病状に応じてのトータルケアを行います。
  • 劇症型心筋炎などの重症で緊急性の高い心疾患の管理・治療を積極的に行っています。
  • 学校心臓検診で発見される先天性心疾患、不整脈,心筋疾患などに対する適切な診断と管理指導を行っています。
  • 小児循環器専門医制度の開始に伴って、十分な症例数と指導医を確保しています。
  • 肥満症治療専門病院の承認を日本肥満学会から受け、小児生活習慣病の専門外来指導、特に難治性肥満に対する治療、Barkar仮説(胎児プログラミング)に関する肥満、インスリン抵抗性と将来の循環器疾患の予防を行っています。
  • 小児生活習慣病検診後の事後指導、地域医師会や学校保健と協力による若年性動脈硬化の予防や相談を行っています。
  • 家族性高脂血症の遺伝相談、原発性高脂血症の小児期からの診断とアフェレーシスの治療も可能です。
  • 高血圧の診断と治療、起立性調節障害に対する診療を行っています。

今年度の診療スタッフ(2016.4現在)

氏名(卒年・大学) 役職 所属学会など
鮎澤 衛
(S59 日本大卒)
准教授
科長
循環器専門医、小児循環器専門医、FJCC(日本心臓病学会特別会員)、PALS・BLSプロバイダー、日本体育協会公認スポーツドクター、身体障害者手帳交付申請指定医師(心臓機能障害)、臨床研修指導医
神山 浩
(H4 日本大卒)
准教授 小児循環器専門医、ACLS・PALS・BLSプロバイダー、臨床研修指導医
中村 隆広
(H14 日本大卒)
助教 小児循環器専門医、PALS・BLSプロバイダー、臨床研修指導医
阿部 百合子
(H16 日本大卒)
助教 肥満症専門医、臨床研修指導医
神保 詩乃
(H12 日本大卒)
専修指導医 小児循環器専門医、
日本周術期経食道心エコー(JB-POT)認定医、
身体障害者手帳交付申請指定医師(心臓機能障害)、臨床研修指導医
小森 暁子
(H18 聖マリアンナ大卒)
専修医 PALS・BLSプロバイダー、臨床研修指導医
飯田 亜希子
(H21 日本大卒)
専修医 PALS・BLSプロバイダー
加藤 雅崇
(H19 日本大卒)
臨床研究員
(大学院生)
PALS・BLSプロバイダー、臨床研修指導医
渡邉 拓史
(H19 日本大卒)
臨床研究員 PALS・BLSプロバイダー
市川 理恵
(H13 日本大卒)
大学院生 小児循環器専門医、臨床研修指導医、日本体育協会公認スポーツドクター
岡田 知雄
(S51 日本大卒)
非常勤
客員教授
神奈川工科大学 栄養生命科学科教授
住友 直方
(S56 日本大卒)
非常勤
客員教授
埼玉医科大学国際医療センター 小児心臓科教授
能登 信孝
(S58 日本大卒)
非常勤
臨床教授
のと小児科クリニック 院長
唐澤 賢祐
(S59 日本大卒)
非常勤
講師
唐澤医院 院長

外来予定表

日本大学板橋病院
午前 午後
 14時~16時(加藤 雅崇)
 14時~15時(小森 暁子)
日本大学駿河台病院
午前 午後
第2、第4
14時~17時

その他、毎週火曜日〜金曜の午前と第1、第3、第5土曜日は循環器班の医師が一般外来を行っているので対応可能です。

専門医採用枠について

当医局では小児科専攻医について
13名の定員を設けております。
平成30年度の専攻医研修プログラムは現在当ホームページで掲載しております。
専攻医の募集は10月1日から
開始予定です。
(2017.9.10)

高フェニルアラニン血症

高フェニルアラニン血症の鑑別診断の為のBH4供給申請はこちらよりお申込みいただけます。
供給申請のページへ

PAGETOP