日本大学医学部小児科学系小児科学教室

小児アレルギー班

診療する病気

気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎

診療内容

  • 気管支喘息が疑われる場合は、病歴、生活環境を確認し、原因となるアレルゲンの検索、肺機能検査を行います。診断確定・重症度の判断を行い診療ガイドラインに基づいた的確な治療内容を決定し治療を開始します。
  • 食物アレルギーは乳児アトピー性皮膚炎に合併して発症することが多く、正しい診断に基づいた必要最低限の食物制限を行うために、食物負荷試験(外来・入院)を行っています。栄養士による栄養相談も行っています。

今年度の診療スタッフ(2016.4 現在)

氏名(卒年・大学) 役職 所属学会など
橋本光司
(S59日本大卒)
兼任講師
(元診療准教授)
日本アレルギー学会認定専門医・指導医、
日本アレルギー学会代議員、
日本小児アレルギー学会評議員、日本小児放射線学会評議員、
小児アレルギー同好会幹事、城北小児アレルギー研究会代表世話人、
(独)環境再生保全機構発行「すこやかライフ」編集委員
林利佳
(H13日本大卒)
専修指導医 臨床研修指導医 日本アレルギー学会認定専門医
三井元子
(H20日本大卒)
専修医
(国内留学中)
土方みどり
(H21東京医大)
専修医
(出向中)
PALSプロバイダー

外来予定表

日本大学板橋病院
午前 午後
 林利佳(要予約)
 林利佳(要予約)
橋本光司(要予約)
日本大学駿河台病院
午前 午後
○(要予約)

専門医採用枠について

当医局では小児科専攻医について
13名の定員を設けております。
平成30年度の専攻医研修プログラムは現在当ホームページで掲載しております。
専攻医の募集は10月1日から
開始予定です。
(2017.9.10)

高フェニルアラニン血症

高フェニルアラニン血症の鑑別診断の為のBH4供給申請はこちらよりお申込みいただけます。
供給申請のページへ

PAGETOP