日本大学医学部小児科学系小児科学教室

内分泌・糖尿病班

診療方針

日本では数少ない小児1型および2型糖尿病の専門外来を持ち、糖尿病インスリン強化療法としてインスリンポンプ治療(CSII)、持続皮下グルコースモニタリング(CGM)、インクレチン関連薬の使用など最新の治療を提供しています。昨年からはパーソナルCGM機能を搭載したインスリンポンプ(sensor augmented pump ; SAP)によるインスリン治療も開始しております。また、昨年から専門外来に加えて糖尿病療養指導士による看護外来を開設し、看護師による患者さんごとの生活状況に応じたきめ細かい療養指導が可能になりました。1型糖尿病の患者さんおよびその家族の会を設立しており、サマーキャンプや勉強会など種々のイベントを定期的に開催しています。日本大学病院小児科は小児科では数少ない糖尿病教育施設の1つであり、糖尿病専門医、糖尿病療養指導士の取得が可能です。

内分泌疾患については、低身長の他、甲状腺や副腎の病気の方など、幅広い分野で診療を行っています。低身長の患者さんについては、頭部画像検査や内分泌負荷試験などを含めて適切な診断を行い、成長ホルモン療法や蛋白同化ホルモンの使用など幅広い治療と生活のアドバイスなどを行っています。新生児マススクリーニングで発見された先天性甲状腺機能低下症や先天性副腎過形成症の患者さんをはじめ、甲状腺疾患、性腺疾患、副腎疾患、カルシウムとビタミンD関連疾患、骨系統疾患などの患者さんの診察を行っています。

今年度の診療スタッフ(2016.4現在)

氏名(卒年・大学) 役職 所属学会など
浦上 達彦
(S57 日本大卒)
診療教授 日本糖尿病学会認定糖尿病専門医・指導医、日本糖尿病協会療養指導医、臨床研修指導医、外国医師修練指導医、日本小児内分泌学会理事、日本糖尿病学会評議員、日本糖尿病・妊娠学会評議員、日本栄養病態学会評議員、国際小児思春期糖尿病学会Advisory council 日本小児心身医学会評議員、成長科学協会学術運営委員、東京都予防医学協会学校保健専門委員(糖尿病)
鈴木 潤一
(H14 日本大卒)
助教 日本糖尿病学会認定糖尿病専門医、日本糖尿病協会療養指導医、日本小児内分泌学会評議員、臨床研修指導医
奥野 美佐子
(H14 三重大卒)
専修指導医

臨床研修指導医

青木 政子
(H18 帝京大卒)
専修医 臨床研修指導医
峯 佑介
(H19 日本大卒)
専修医
田邉 聡美
(H19 日本大卒)
専修医

外来予定表

日本大学板橋病院
午前 午後
浦上達彦(第1、第3金曜日)
鈴木潤一(第2、第4金曜日)
日本大学駿河台病院
午前 午後
鈴木潤一
奥野美佐子
浦上達彦 浦上達彦
青木政子
浦上達彦
鈴木潤一

過去5年間に診療した疾患リスト

  • 糖・脂質代謝異常症
    • 1型糖尿病
    • 2型糖尿病
    • MODY(HNF1α異常症・GCK異常症・HNF4α異常症)
    • 新生児糖尿病(KCNJ11異常症・6q24メチル化異常)
    • ミトコンドリア糖尿病
    • 高インスリン血性低血糖症
    • 肥満症
    • メタボリックシンドローム
  • 成長障害
    • 成長ホルモン分泌不全性低身長症
    • SHOX異常症
    • SGA性低身長症
    • Turner症候群
    • Prader-Willi症候群
    • Noonan症候群
    • Silver-Russell症候群
  • 視床下部・下垂体疾患
    • 複合型下垂体前葉機能低下症
    • 間脳・下垂体近傍腫瘍(頭蓋咽頭腫・胚細胞腫・過誤腫)
    • リンパ球性漏斗下垂体炎
    • 中枢性尿崩症
  • 思春期発来異常
    • 特発性思春期早発症
    • 視床下部過誤腫
    • 機能性卵巣嚢腫
    • Williams症候群
    • 特発性思春期遅発症
    • Kallmann症候群
  • 甲状腺疾患
    • 原発性甲状腺機能低下症(甲状腺形成異常・ホルモン合成障害・ヨード過剰症など)
    • 中枢性甲状腺機能低下症
    • 慢性甲状腺炎(橋本病)
    • Basedow病
    • 新生児Basedow病
    • 無痛性甲状腺炎
  • 副腎疾患
    • 先天性副腎過形成症(21水酸化酵素欠損症)
    • 先天性副腎低形成症
  • カルシウムとビタミンD関連疾患
    • ビタミンD欠乏性くる病
    • 低リン血症性くる病
    • 偽性副甲状腺機能低下症
    • 22q11.2欠失症候群
  • 骨系統疾患
    • 骨形成不全症
    • 軟骨低形成症

専門医採用枠について

当医局では小児科専攻医について
13名の定員を設けております。
平成30年度の専攻医研修プログラムは現在当ホームページで掲載しております。
専攻医の募集は10月1日から
開始予定です。
(2017.9.10)

高フェニルアラニン血症

高フェニルアラニン血症の鑑別診断の為のBH4供給申請はこちらよりお申込みいただけます。
供給申請のページへ

PAGETOP