日本大学医学部小児科学系小児科学教室

血液・腫瘍班

研修期間

板橋病院小児医療センター(3C病棟)と小児科外来で3ヶ月間

指導医

麦島秀雄(教授)、陳基明(准教授)、七野浩之(助教)、谷ヶ﨑博(助教)、加藤麻衣子(助教)

研修期間中に学ぶ事(手技も含む)

対象疾患について

小児がん(急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病、骨髄異形成症候群、ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫、神経芽腫、横紋筋肉腫、 肝芽腫、腎芽腫、骨肉腫、ユーイング肉腫、PNET、胚細胞腫瘍、脳腫瘍、網膜芽細胞腫など)、ランゲルハンス細胞組織球症、再生不良性貧血、先天性赤芽 球癆、溶血性貧血、鉄欠乏性貧血、血小板減少性紫斑病、血友病、フォン ビルブラント病、血球貪食症候群、顆粒球減少症、先天性免疫不全症など

特色

  1. 小児科・小児外科・脳外科・整形外科・泌尿器科・放射線科等と協力して小児がんに対する 集学的治療を積極的に行っています。各科が参加して定期的に開催される腫瘍カンファレンスでの検討に基づき治療方針の決定を行っています。各専門領域の医 師たちと共同して診療に当たる集学的医療のマネージメント方法などの実際について研修します。
  2. 小児血液腫瘍・小児がんおよび先天性代謝疾患に対する化学療法や免疫抑制療法・薬物療法 を行っています。それらの計画・実施・評価・有害事象に対する支持療法などを研修します。また、外科療法や放射線療法の実施時期や計画について研修しま す。毎日指導医とともに受け持ち患者についての検討会を行い、また週に1回の血液腫瘍患者症例検討カンファレンスで治療方針の決定法や患者の状態の評価法 などについて研修します。
  3. 小児病棟に2床の無菌室が有り、造血細胞移植療法(自家、血縁、非血縁、骨髄、末梢血幹 細胞、臍帯血)をこれまでに約200例以上行っており、造血細胞移植療法について研修します。板橋病院内には臍帯血バンク(平成18年にISO2001を 取得)が設置され全国に臍帯血を供給していますが、この臍帯血バンクや細胞再生移植医学講座と協力し、臍帯血を用いた血管再生や造血幹細胞の発生研究など を行っており、これらについても研修が可能です。
  4. 板橋病院は、全国でも数少ない小児がんに対する医師主導治験への参加施設に承認されるなど、積極的に小児の抗がん剤や支持療法についての臨床治験を行っています。臨床治験の意義や実際のマネージメントについて研修します。
  5. 全国的多施設共同臨床研究グループに属し、各種治療・臨床試験を実施しています。臨床試験の意義やその実際のマネージメント法あるいは臨床試験の作成法などを研修します。
  6. 小児血液腫瘍疾患罹患時の精神的および身体的疼痛緩和治療について研修します。
  7. 小児血液腫瘍疾患患児の終末期治療や家族のサポートについて研修します。
  8. 板橋病院小児科は長期フォローアップ拠点病院に指定を受けており、小児血液腫瘍疾患経験者に対しては長期フォローアップ外来を行っています。治療が終了したこれらの患児の種々の長期的な問題点につき研修します。
  9. 入院中の子供たちへの保育や学校教育について研修します。患者家族の会やボランティアのグループを通じて、患児と彼らを取り巻く家族や社会との問題についてのマネージメントについて研修します。
  10. 日本がん治療認定医機構認定教育施設に認定されていますので、日本がん治療認定医取得のための研修ができます。また日本血液学会認定施設に認定されていますので、血液専門医取得のための研修ができます。
  11. 診療・研究の成果は、国内主要学会や国際学会で積極的に発表し、邦文雑誌や英文雑誌に投稿します。

専門医採用枠について

当医局では小児科専攻医について
13名の定員を設けております。
平成30年度の専攻医研修プログラムは現在当ホームページで掲載しております。
専攻医の募集は10月1日から
開始予定です。
(2017.9.10)

高フェニルアラニン血症

高フェニルアラニン血症の鑑別診断の為のBH4供給申請はこちらよりお申込みいただけます。
供給申請のページへ

PAGETOP