日本大学医学部小児科学系小児科学教室

新生児班

研修期間

板橋病院総合周産期母子医療センターで3か月間

指導医

高橋滋(研究所教授)、細野茂春(准教授)、臼倉幸宏(助教)、吉川香代(助教)、宗像俊

研修期間中に学ぶ事(手技も含む)

  1. 新生児医療の歴史と周産期医療体制
  2. 新生児蘇生法
  3. 正常新生児の診察と管理
  4. 母乳育児の必要性
  5. 母体合併症と新生児疾患
  6. 低血糖の診断と管理
  7. 高ビリルビン血症の診断と管理
  8. Light-for-dates児とHeavy-for-dates児の診断と管理
  9. 新生児呼吸障害の鑑別と治療(マイクロバブルテストとサーファクタント投与)
  10. NICUにおける感染防御と新生児感染症の診断と管理。
  11. 頭部超音波エコーによる基本断層面の描出と脳血流の測定
  12. 心臓超音波診断による基本的疾患の診断(特に動脈管開存症)
  13. 急性期の呼吸管理
  14. 輸液管理
  15. 保育器の原理と使用法
  16. 退院時の神経学的検査法
  17. RSウイルスの感染予防
  18. 染色体異常・奇形症候群を有する児の親との関わり
  19. 外来フォローアップの必要性

その他

新生児医療は各科と協力して急性期の集中管理から成長・発達をフォローしていく学問です。新生児医療の中でも専門性が分かれています。一緒に未来ある子供たちのために学びましょう。

専門医採用枠について

当医局では小児科専攻医について
13名の定員を設けております。
平成30年度の専攻医研修プログラムは現在当ホームページで掲載しております。
専攻医の募集は10月1日から
開始予定です。
(2017.9.10)

高フェニルアラニン血症

高フェニルアラニン血症の鑑別診断の為のBH4供給申請はこちらよりお申込みいただけます。
供給申請のページへ

PAGETOP