日本大学医学部小児科学系小児科学教室

循環器班

研修期間

板橋病院小児医療センター(3C病棟)と小児科外来で3ヶ月間

指導医

岡田知雄(准教授)、住友直方(准教授)、鮎沢 衛(准教授)、神山 浩(助教)、宮下理夫(助教)、松村昌治(助教)、福原淳示、市川理恵

研修期間中に学ぶ事(手技も含む)

一般目標

主な小児循環器疾患について概略診断と重症度の把握ができる。

個別目標

  1. 小児循環器疾患による症状を理解できる。
  2. 乳児心不全の症状と徴候を理解できる。
  3. 代表的先天性心疾患の年齢的特徴を理解できる。
  4. 心室中隔欠損、心房中隔欠損、動脈管開存、Fallot四徴、房室ブロック、散発性期外収縮を診断できる。
  5. 聴診で心音異常、心雑音の鑑別ができる。
  6. 小児生活習慣病の診断ができ、患者指導の概要を説明できる。
  7. 小児期からの動脈硬化性心疾患発症のメカニズムを理解し、その予防対策を説明できる。
  8. 頻脈性不整脈の鑑別ができ、薬物療法および電気生理学的検査・治療の方法と適応を説明できる。
  9. 心筋疾患の診断と治療を理解できる。
  10. 川崎病の診断をでき、冠動脈診断に関する検査の指示ができる。
  11. 学校心臓検診に必要な心電図所見を理解できる。
  12. 胸部単純レントゲンで心拡大と肺血流異常を診断できる。
  13. 心電図を正確にとることができ、房室ブロック、期外収縮、不完全右脚ブロック、典型的右室肥大を診断できる。
  14. 心エコーで冠動脈走行を含む正常断面を理解できる。
  15. Fallot四徴の無酸素発作の症状と徴候を理解し、治療法を説明できる。
  16. 劇症型心筋炎の症状と徴候を理解し、上級医への上申のタイミングを理解できる。
  17. 小児循環器疾患としての経験を学会・研究会で報告できる。

その他

小児循環器疾患診療は各専門分野の基礎でもあります。全ての応用がここから始まるといっても過言ではありません。皆さんのスタートラインからの教育をサポートします。

専門医採用枠について

当医局では小児科専攻医について
13名の定員を設けております。
平成30年度の専攻医研修プログラムは現在当ホームページで掲載しております。
専攻医の募集は10月1日から
開始予定です。
(2017.9.10)

高フェニルアラニン血症

高フェニルアラニン血症の鑑別診断の為のBH4供給申請はこちらよりお申込みいただけます。
供給申請のページへ

PAGETOP