日本大学医学部小児科学系小児科学教室

取得可能な専門医資格

日本小児科学会認定小児科専門医

小児科専門コース研修開始と共に、小児科学会に入会します。その後、小児科臨床研修を3年以上受けた後に専門医試験を受験します。試験は筆記試験、症例要約評価および面接試験です。
受験準備に当たっては、2年間の小児科専門コース終了までに、30。症例の症例要約を完成させ、その内容を、各診療班の専門医が最終的に確認いたします。
各診療班で研修到達目標を独自に定め、その到達度の定期的評価とフィードバックを行います。各診療班の指導医同士は連絡をとりあい、一人一人の小児科医 を、医局員全員で育成することに力を注いでおります。2年間の小児科専門コース終了時には、小児疾患全般に一人で対応できる小児科医を育成指導しておりま す。
小児科専門医試験直前には当教室の指導医が独自に開発したオリジナル試験を行い、さらに一人一人に指導医による試験準備を行うなど、非常に手厚い指導を行っており、当医局では高い合格率を維持しております。

その他取得可能な専門医・資格

  • 日本血液学会認定 血液専門医・指導医
  • 日本循環器学会認定 循環器専門医
  • 日本小児循環器学会認定 小児循環器専門医
  • 日本小児神経学会認定 小児神経科専門医
  • 日本てんかん学会認定 学会認定医(臨床専門医)
  • 日本腎臓学会認定 腎臓専門医
  • 日本内分泌学会認定 内分泌代謝科専門医(小児科)
  • 日本糖尿病学会認定 糖尿病専門医・指導医
  • 日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医
  • 日本周産期・新生児医学会認定 周産期専門医(新生児)
  • 日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医
  • 日本がん治療認定医機構認定 がん治療認定医
  • 日本がん検診・診断学会 がん検診認定医
  • AHA認定 Basic Life Support (BLS) プロバイダー・インストラクター

専門医採用枠について

当医局では小児科専攻医について
13名の定員を設けております。
平成30年度の専攻医研修プログラムは現在当ホームページで掲載しております。
専攻医の募集は10月1日から
開始予定です。
(2017.9.10)

高フェニルアラニン血症

高フェニルアラニン血症の鑑別診断の為のBH4供給申請はこちらよりお申込みいただけます。
供給申請のページへ

PAGETOP