日本大学医学部小児科学系小児科学教室

平成24年度入局者

青木 亮二

  • 出身大学:山梨医科大学
  • 初期臨床研修施設:沼津市立病院

小児科に入局して3年目になりました。さまざまな症例を経験させていただき、大変充実した生活を送っています。
私は、出身大学も研修病院も日本大学ではないのですが、この医局を選んでとてもよかったと思っています。
入局するきっかけは、沼津市立病院に日大小児科から派遣で来てくださっている先生方たちとの出会いでした。沼津市立病院は、はっきりというと医療過疎地域にある拠点病院です。そのため、さまざまな症例が集まる場所でもありました。そこで、小児科の先生方は、NICUから一般小児まで多岐に渡る疾患を、次々と診療されていました。このような臨床がしっかり学べる医局で勉強したいと思ったのが、入局のきっかけでした。
今は、温かいご指導の中、のびのびと勉強させていただいています。研究に長けている病院や臨床に長けている病院など様々な特色の病院がありますが、日大小児科は、とてもバランスよく臨床と研究を学べる場所だと実感しています。興味をもたれた方がいましたら、ぜひ一度見学に来てみてください。

江口 絢子

  • 出身大学:福島県立医科大学
  • 初期臨床研修施設:東北労災病院

私は他大学出身で初期研修も他施設であり、入局にはやはり不安もありましたが、先生方に温かく迎えて頂き、今は楽しく充実した日々を送っています。
日大小児科の魅力は、まず、症例が豊富で様々な疾患を経験できることです。また、日常診療から学会発表、専門医試験対策まで指導体制が整っており、各分野のエキスパートの先生方から学ぶことができるのは、とても幸せな環境だと感じています。
医局はアットホームな雰囲気で居心地がよく、素晴らしい先生がたくさんいらっしゃいます。気軽に一度見学にいらしてください。お待ちしています!

高橋 智子

  • 出身大学:日本大学
  • 初期臨床研修施設:日本大学医学部附属板橋病院

こんにちは。
私は、入局後1年9か月で3か月ごとに各診療班をローテーションしました。その後、重症心障害児施設である、あしかがの森足利病院、半年間の選択期間で成育医療センター放射線診療部で研修をしています。
日大小児科の特徴は、大学病院では豊富な症例と向き合えます。24時間体制で1次救急から3次救急を受け入れているため、各診療班での専門性の高い疾患から、common diseaseまで幅広く診察をします。
一方で、あしかがの森足利病院は重症心身障害児施設であり、小児疾患を診ていくためにとても考えさせられる時間でした。
また、医局の先生方は日々の診療だけでなく教育熱心です。学会発表だけでなく論文投稿にも積極的です。丁寧に指導をしてくださり、安心して働いていかれます。
そして、女性医師が悩みの多い出産、育児にも協力していただけます。
研修先を迷っている方はぜひ1度見学や説明会にいらして下さい。みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

吉田 圭

  • 出身大学:日本大学
  • 初期臨床研修施設:日本大学医学部附属板橋病院
私は医学部に入学したときから小児科医になることを心に決めていました。しかし、どこで小児科医としてやっていくのかで悩みました。日大に残るのか、他大学の医局に入局するのか、もしくは都立病院や市立病院で後期研修をするのか私は悩みました。しかし最終的には日大の小児科に入局することに決めました。その理由として、日大では新生児も含め、幅広い疾患を経験できること、各分野のエキスパートがいて、その先生方から教育・指導をしていただけること、また当医局の関連病院には都立病院があるため、入局後に都立病院で仕事をすることも可能なことが挙げられます。
入局して2年が経ちましたが、日大の小児科に入局して良かったと思います。当直やカンファレンスで忙しく大変な時期もありましたが、そのひとつひとつが自分の経験となり、自分を成長させてくれたと思っています。
医局には他大学から入局した人、他科と悩んだ末に小児科に入局した人などいろいろな人がいます。そんな人たちと話をするととても参考になると思います。
是非一度見学にいらして下さい。

専門医採用枠について

当医局では小児科専攻医について
13名の定員を設けております。
平成30年度の専攻医研修プログラムは現在当ホームページで掲載しております。
専攻医の募集は10月1日から
開始予定です。
(2017.9.10)

高フェニルアラニン血症

高フェニルアラニン血症の鑑別診断の為のBH4供給申請はこちらよりお申込みいただけます。
供給申請のページへ

PAGETOP